メニュー

錦織圭選手「全豪オープン」3回戦進出

 

全豪オープン
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、男子シングルス2回戦が行われ、第5シードの錦織圭が世界ランク72位のJ・シャーディ(フランス)を6-3, 6-4, 6-3のストレートで下し、7年連続7度目の3回戦進出を果たした。

【全豪オープン対戦表】

第1セット、錦織は序盤から立て続けにウィナーを決めて第1ゲームでブレークに成功。その後は互いにキープが続く中、第6ゲームで再びシャーディのサービスゲームを破り、このゲームを先取する。

第2セットはブレーク合戦の展開から、バックハンドのパッシングショットなどを決めた錦織が終盤でゲームを連取し、勝利に王手をかける。

第3セット、完全に試合の主導権を握った錦織は、2度のブレークに成功。試合前から警戒していた強打のシャーディを振り切り、2回戦を突破した。

3回戦では、世界ランク67位のD・セラ(イスラエル)と予選を勝ち抜いたL・ラコ(スロバキア)の勝者と対戦する。

四大大会初優勝を狙う錦織は、シード勢が順当に勝ち進んだ場合、4回戦で第17シードのR・フェデラー(スイス)か第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、準々決勝では第1シードのA・マレー(英国)らと対戦する組み合わせ。

1回戦では、世界ランク45位のA・クズネツォフ(ロシア)に大苦戦するも、5-7, 6-1, 6-4, 6-7 (6-8), 6-2のフルセットで勝利した。

昨年の全豪オープンは、準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れている。

Page top