メニュー

テニスの全豪オープン4回戦 錦織圭選手

元世界ランク1位のR・フェデラーに惜しくも敗れる

 

この日の試合を錦織は「サーブの入りがそこまで良くなかったり、ファーストサーブをもっと入れていれば、展開が変ったかもしれない。特に後半はセカンド(サービス)を攻められてしまったり、サービスゲームはいつもより悪かった。ちょっとの差」と自身のサービスゲームを悔やんだ。

フェデラーに24本ものサービスエースを決められ、7度のブレークを許した錦織は、2度のメディカル・タイムアウトについて「疲労もあったので、難しい中でした。そこまで気負うことはなかったです」とコメント。

準々決勝で対戦の可能性があった第1シードのA・マレー(英国)が4回戦で敗退したことについては「マレーも負けてチャンスはあったので、物足りない」と肩を落とした。

一方、勝利したフェデラーは、準々決勝で世界ランク50位のM・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは、同日の4回戦で世界ランク1位のマレーを破る大番狂わせを起こしている。

Page top