メニュー

秘密結社 鷹の爪

吉田くん

本名「吉田”ジャスティス”カツヲ」。島根県吉田村(現・雲南市吉田)出身のプレイボーイ。生年月日は2月14日生まれの24歳だったが、いろいろあってFROGMAN夫妻の結婚記念日と同じ日の7月27日生まれの21歳に変更された。
日本人なのに名前に「ジャスティス」とミドルネームが付いていて、村の老人たちはおろか実の母親にまでジャスティスと呼ばれている。
初登場は『菅井君と家族石』で、以降「蛙男商会」の数々の作品に登場しており、
主役を務めることもしばしば。

『秘密結社鷹の爪』では、「鷹の爪団」の前身「竜の爪団」時代から戦闘主任を勤めている。
総統のことはこれでもかというぐらいに見下しているが、本当は実の父親のように慕っている。
見た目に合った子供っぽい発想と行動で足を引っ張る事が多いトラブルメーカー。

団員の一人・フィリップとは同郷の友人という間柄だが、フィリップ自身は吉田君のわがままに付き合わされている様子。

鳩に対して並々ならぬこだわりがあり、自称「島根一の鳩ボーイ」。
過去に大手鳩業者(?)に入社したことがある。
しかし、会社が赤ちゃん用品を扱う会社だと事実を知った吉田は以前「パン寺」の住職となっているのフィリップに就職できたことを伝える手紙を送っており。驚きを隠せなかった。

秘密結社 鷹の爪とは

世界征服をたくらむが、何をやっても失敗ばかりの鷹の爪団と、正義とは名ばかりの乱暴者のヒーロー・デラックスファイターとのやり取りを描いた世界征服コメディ。

2006年4月、『THE FROGMAN SHOW』(テレビ朝日系)内で放送されるや大ブレイクした、FROGMANの代表作。スクリーンにも進出し、2007年3月に『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE~総統は二度死ぬ~』が公開、異例の大ロングランを記録。
同作品は2008年NY国際インディペンデント映画祭に正式出品され、二部門を受賞するなど海外にも鷹の爪・FROGMANの名を知らしめる。以降、テレビでは『鷹の爪カウントダウン』、映画では『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE2 ~私を愛した黒烏龍茶~』『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jpは永遠に~』、2013年9月には『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』、2014年4月には『鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~』と次々公開。
※劇場版4作目は3作目のDVD特典に、劇場版6作目は5作目の公開時入場者特典としてナンバリングしている。

劇場版ではプロダクトプレイスメントやネーミングライツなど、斬新な広告手法を取り入れ、一般のファンのみならず、映画・広告業界を驚かせる。その活躍はテレビCM、トレインチャンネル、映画館での無料映画、webキャンペーンなどあらゆる媒体に登場。また、様々な企業キャラクターとのコラボレーションも成功させている。

2012年4月からはNHK Eテレ「ビットワールド」内で『秘密結社 鷹の爪 NEO』を放送、2013年4月からは同枠で『秘密結社 鷹の爪MAX』、2014年4月からは『秘密結社 鷹の爪 EX(エクストリーム)』、2015年4月からは『秘密結社 鷹の爪 DO(ドゥー)』と4シーズン目を放送中。また、公式サイト『鷹の爪.jp』上にて動画も配信している。
2012年8月からはTOKYO FMで史上初のキャラクターによるラジオ番組『鷹の爪団の世界征服ラヂヲ』を放送開始。現在、毎週木曜日25時からFM山陰、FM高知の3局ネットで生放送している

Page top